ビンテージサイン【ロゴ屋の楽しめ店舗作りブログ】

投稿日:

こんにちわ ロゴ屋です。

今回は、

「ビンテージサイン」

のご紹介です。

手書きサインは
いい雰囲気で
かっこいいですよね。

でも、施工費が
高くついたり、
場所によっては
すぐに痛んだりと
サインとして
取り入れるには
ハードルが少し高い
のが玉に瑕です。

そこで、
ビンテージサインの
現代版をご紹介します。
メンテも不要!
低コスト!
見た目もgood!

↓ 仕上りは
こんないい感じ☆
施工もパッと
貼るだけで終了。
DSC_0028
手書きの場合、
ゴールドリーフ(金箔)
を糊でガラスに
直接貼って、
その箔に
スピニングツール
という擦る道具で
ウロコ模様を
一づつ付けていく
技法です。

↓ 今回は
ウロコ模様の
付いた。
ステッカーシート
を使います。
こんな物です。

DSC_0287

↓ 切文字ステッカー
と同じ作り方で制作。

でも普通に作っても
芸がないので
よりビンテージっぽく
見せるために、
文字の
赤色シートを
半透明の赤を
使用します。

DSC_0288

 

↓ 実際に
金シートの上に
貼ってみます。

下が
一般的な
赤シートです。

上が
半透明の
赤シートです。

上の半透明の方が
雰囲気がいいのが
わかりますよね。

DSC_0289

↓ その他、
金シートは、
ツルピカの物や、
擦りライン
(ヘアライン)の
入ったシートも
色々種類が
あります。

サインデザインの
イメージで使いわけ可能。

DSC_0291

↓ こんな
アメリカンな
イメージの
店舗も
この方法で
楽チンに施工
できます。

費用など
知りたい方は
お気軽に
お問合せから
ご質問下さい☆

DSC_0029

この記事をシェアShare on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0