効果的な看板・店内写真【ロゴ屋の楽しめ店舗作りブログ】

投稿日:

こんにちわ ロゴ屋です。

お店によって
効果的な看板は
それぞれ違います。

今回ご紹介するのは
地下店舗や
2階店舗での

効果的な看板

の見せ方です☆

看板と言っても
大きな看板でも
小さい看板でもOK!

是非、参考にして下さい。


店内が見えない
店舗の場合はとくに、
はじめての来店される
お客さまは
とっても不安です。

そのような店舗の場合は
店内を見てもらう必用が
あります。

↓ 例えば
このヘアサロンさん
の場合だと、
2階に店舗があり、
1階に看板スペースが
あります。

写真シート

オープン当初は、
「ターゲットの客層」
を通りすがりの人
(見込み客)に
知ってもらうために
人物写真の看板を
付けています。

この看板だと
年齢の若い男女を
ターゲットとしている
お店ですよ!と
アピールできますね。

数年後、集客はできたが、
メインターゲットだけでは
どうしても
平日の客数が
伸びないとの事が判明。

平日の客数アップとして
今までサブターゲットだった
主婦層に絞り、
キッズスペースの追加や
少しでもリラックスできる
ヘッドスパの空間を
店内に取り入れました。

ですが
2階店舗の様子が
歩道からは
見れないため
アピール不足に・・・

そこで通りすがりの
主婦層(見込み客)に
リフォーム後の店内を
知ってもらうため、
店内写真を取り入れた
看板に変更しています。

店内イメージ看板

このように、
どうして店内を
見せるのか?

何のために
見てもらうのか?

など、色々な理由で、
見せ方も、
店内の撮影場所も
変わってきますね。


まだまだ、店舗により
必用な見せ方は多数
あります☆

今後も、
紹介できればと
考えています♪

この記事をシェアShare on Facebook8Tweet about this on TwitterShare on Google+0